image 前メロキチのライブへ行ったときに聞いたこのライブ、どうすっか迷いながらもチケット買ってたんですよ。そしたら案の定早いうちにソールドしてしまったのでやっぱ行かないわけにもいかず、そそくさとBLANTONへやってきました。なんだかんだで花*花さんひさしぶりだし、楽しみにはしてましたよもちろん。
まずはメロディーキッチンが登場し、今日はツーマンということでたっぷり1時間のステージでした。Vo,Epfの女性2人組です。やっぱり、彼らに受ける印象っておんなじなんだ。
うれしい曲もかなしい曲も、いろんな曲を歌ってたんだけど、それがほんとに「歌ってた」ということばしか思いつかないくらい声の印象がおんなじなんだ。じっくり歌詞を聞けば「なるほどなあ」と思う曲も多いだけに、それをなんとか「声で」表現できるようになれば相当変わっていくんだけどな。それで曲が伝わらないのはかなり損してると思うもん。

そして後半は花*花でございます。Vo&Epf,Vo&Pfの女性2人組。いやそれにしても、あっこまで楽しかったのはひさしぶりだあ。
1曲目が「LIVE AT BLANTON」で、まずこの曲がひさしぶりすぎて「なんでそんな聴いてないんだっけ」となって。そのあと「赤い自転車」「雨の雫」と昔の曲を続けたあと「昨日の橿原神宮ではできなかった」という「タブー」、「こちらは昨日歌って気持ちよかったから」という「アニーよりTOMORROW」、そのあと「実はこの曲、歌ってるときはピアノ弾いてないんです」という「キャンディ」(これ、全然知りませんでした。確かに1番まきさんが歌ってるときのピアノはいづみさんだけだし、2番も歌ってるいづみさんは弾いてなくて。さらにCメロもそうなってて、かなりこだわりを感じました)、からの「あーよかった」、そして最後は新曲「手」でございました。...ついつい一気に書いてしまいましたが、ここまで新旧取り混ぜて名曲揃いのセットリストはさすが花*花としか言いようがありません。
そしてMCもいつものBLANTONらしくかなりゆるい感じで、これがメロキチを見に来た人たちにはかなり意外に思われたようです。そのくらい「いつものホーム」の雰囲気を出してたし、なんでかあの感じがひさしぶりである意味「これが花*花」というのを見せつけていたと思います。

そしてもちろんこれだけでは終わりまええん。アンコール、まずはメロキチのはすみさんが「思い出の曲」だという「さよなら大好きな人」で、あの話を聞いたあとだし「やっぱり来たな」という思いもあって。そして最後は「明るく締めたい」ということで「good night honey」、かと思えば拍手が鳴りやまなくてダブルアンコールでは生音で「ずっと一緒に」でした。さよなら大好きな人もだけどこっちにもぐっときたな、やっぱ花*花がつくるワルツっていい曲多いもん。そんないい夜はあっという間に更けてしまいました、もっと聴いていたかったなあ。