image そういえば無事pechicaライブの休日に大阪にいたな、ようやく落ち着いてきてるのかも。ということでOneDropへ、なかなかおもしろいラインナップなんだ。
なんとか開演前に着いたものの、なんか息が上がってたなあ。やっぱ最近運動してないのも考えものだ。ということで今日は全員ピアノ弾き語りの女性でございます。

平岡華奈
前見たのいつだっけ、たぶん見たことあったよなあ。
ほとんどが悲しい曲だった印象で、でもそれが「声から」全然伝わってこなかったんだよなあ。そこそこ声に表情は出てると思ったけど、声だけ聴いてると逆に「楽しい曲なのかな」って思うくらい。その意味で大村みさこと似たイメージだなあ、まだ低い声をしてる分大村みさこのが悲しみを出せてるかな、くらいな感じで。

pechica
そういや意外と見てるな、たぶん今年3本の指に入るはず。
新曲からはじめて作った曲まで、かなりバラエティーに富んだ曲たちが聴けてよかったなあ。あとの2人となにが違うんだろ、とか思いながら聴いてたんですが、たぶんその「ざらっとした声」が好きなんだろうなあ。それってみんなが出せるものではないしね。

ふじたゆかり
まあ悪くはないんだけどさ、なんか引っ掛からないんだよなあ。
なんだろね、歌詞を聞いてると割りとうれしい曲も悲しい曲もありそうなのに、それがうたから伝わってこないんだよな。とげがある曲でもさらっと聴けてしまうのって、決していいことじゃないと思うのにな。たぶんそこが安藤裕子とかぶるんだよね、1曲「おっ」と思っても30分聞くと「もういいかな」って思うところも。