image さすがにまだイベント疲れはのこっておりまして、今日が仕事じゃなくてよかったなあ、と思いつつ。でも昼から夜までライブ行ってるわけで、その辺は相変わらずですね。
なんだかんだで全員簡単に書いてます。長丁場のなか、けっこういたんだなあ。

三田村管打団?
Tp,Tb2,Sax3,クラリネット,チューバ,フリューゲルホルン.Dr,Perの総勢11人編成でした。これだけ管楽器があればもちろん賑やかになってましたね。

ふちがみとふなと
女性Vo&ピアニカ,男性Wbaの2人組。声にかなり特徴があるのに、それを知らんふりして「普通だよ」と思いながら歌ってるように見えたのが印象的でした。

カンガルーポー
 Vo&Gt,Dr,Epfの女性3人組。イメージとしてはテツコかなあ。悪くはないけど、もうひとつなにか伸ばしてほしいところ。

ばきりノす
女性Vo2人のアカペラユニット。結局1曲ちょっとしか見られなかった。アカペラってこうだよね、という印象もありつつ、上々颱風みたいな感じもしたかなあ。

白丸たくト
男性1人で、シンセサイザーとかエフェクターとかいろいろ使ってました。そだなあ、こういうのを「前衛的」っていうのかなあ。

Zweig
女性Vo&鉄琴,男性Key,男性Drの3人組。透明感のある歌い方で、ちょうど雑魚猫タワーとかaromice.とかってこんなんだったよな、と思いながら見てました。

雨市
男性Vo&Gt,男性Ba,女性Drのスリーピース。かなりアップテンポで、こっちのほうが声に疾走感が出てるように思えて好きだなあ。あとはやっぱ「どやって違うイメージの曲を作るか」だろうね、Vo.金丸さんならかなり引き出しがありそうなのにテンポ以外の印象が似ちゃってるんだ。

Djamra
ジャンラ、と読むそうです。Ba,Dr,Epf,Tp,Tbの5人組で、Tpは女性です。この編成の「ジャズユニット」で説明できてしまうかな、ジャズって別に個性を出す世界でもないもんね。

ヒカシュー
Vo&Tp&テルミン,Gt,Ba,Dr,Keyの男性5人組。70年代かもう少し前かな、のブルースみたいな感じでした。いろんな意味で「うまい」とはおもったかな。にしてもなげーよ、持ち時間1時間でアンコール含めたら1時間半以上するとか考えられん。

ASAYAKE01
ギター弾き語りの男性。いやあ、やっぱその「物語」をつくる力が圧倒的だわ。そこから奏でられる世界は全然変わってなくて、それが聴けただけでもホントによかったです。