とりあえず今年中に見ておきたかった畑歩をどこで見るか
考えてたら、気がつけば今日が休みになっていたわけで。
なら最初から見られるし、この機会を逃しちゃいけないな、
と思ってWAXXまでやってきたのでした。

空音
電子ピアノ弾き語り。なんでだろ、1曲目で区麗情を思い出したな。
「ゆったりと、あたたかくなる」ような曲を4曲、でした。
1曲1曲は「もすこし伝えられる歌い方がありそう」と思いつつ、
そんな悪くなかったかな。でも、そうやっておんなじような曲が
続いてしまうとちょっと飽きてくるかも。その意味で、もっと
いろんな世界を見せることができればだいぶん違ってくるんじゃ
ないかと思ったり。

畑歩
ギター弾き語り。おおなるほど、かなり良くなってる。
彼女って「歌うこと」と「伝えること」のバランスが悪い
ことも多いのですが、今日はそれがちょうどいいところに
あったんだ。このレベルをどこでも出せるようにすれば、
まずは大丈夫なんじゃないかな。

歩音
あるね、と読むそうな。電子ピアノ弾き語り。
はじめのアカペラがゴスペルっぽくてけっこう期待したのに、
はじまってみればまあ普通でした。それこそ「いきものがかり
みたい」で終わってしまいそうな。まずは、そう思わせない
何かを見つけること、かな。

ポラロイズマリー
女性Vo,男性Epfの2人組。普段はBa,Drを含めた4人組だとか、
それも聴きたいと思ったかな。
なんかさ、ピアノから流れる旋律がとってもpechicaっぽかったんだ。
そうなると「あー、きったんの声が聴きたいー」となってしまい、
「声がふわふわしてるな」と思っちゃって。そんな意味でも、
pechicaとかの「ざらっとした」世界がわかればもっと広がって
いくのかも、なんて思ったり。
あ、でも「ポップバンド」か。なら逆で、ピアノがもっとポップに
ならなきゃだな。どっちかに合わせないと。

キイチエモンズ
Vo&Agt,Vo&Egtの男性2人組。今日って転換中のSEで演奏前の
アーティストの曲がかかってるみたいで、それがかなりはじけて
いたのにその割にはおとなしかったかなあ。「歌ってる」割合が
強かった気がしたし。そう考えると、そんなにうたが届いて
こなかったかなあ。

KENG
電子ピアノ弾き語り。なんかさ、「歌ってるだけ」っていう
感想しか出てこなかったかな。
曲の感じもみんな似てるし、別にその曲からはなんにも
伝わってこないし。それを否定はしないけど、結局は
「どうしたいか」になるのかなあ。

室井大介
ギター弾き語り。1曲目「おっ、上坂拓海っぽいな」と思った
ものの、たっくんぽかったのはその1曲だけでした。
そうだな、全体的に歌い方はラクリマっぽくて、詩の世界は
河口恭吾みたいだったっけな。悪くはないと思ったけど、
もっと「らしさ」があれば全然違って見えるんだろうなあ、とは
思ったっけな。それこそたっくんなんてものすごい個性的な
わけで、その違いはなんなんだろう、とか考えてました。