関西最大級のコンテスト、行けないことも多いのですが今年は
行くことができました。ここが「関西音楽の最先端」なんだから、
それを見られるのはとっても意味があるもんね。

到着は16時30分過ぎだったかな、16時開演だったので
2番手からでした。全体的にいちばん感じたのは「曲を
大事にしすぎてるな」ということだったりします。
それによって勢いだったり伝え方だったり、もっと大事な
ものが伝わらなくなってるような気がしたんですよ。

そしてグランプリ、正直「本当に今日の出来だけで決めたん
だろうか」という印象を持ちました。彼ら、今日は全然音が
出来てなくて、下から数えたほうが早いくらいのステージに
見えたんだけどな。ま、かなり特徴的な曲を書いてるし、
その意味でならわからなくもない、か。

そういえば去年グランプリのScenarioartがメジャーデビューを
するそうで。あと一昨年出たKANA-BOONもメジャーって
言ってたかな。そんな意味でも大きくなってるらしいので、
そのあたりも注目していきますか。