今週、東北へ行っていました。前半の様子はこちらをどうぞ。

7日はまず地元の方々に対する説明会なのかな、に参加し、
昼すぎにまち・コミュニケーションの宮定さんと別れました。

IMG_1274
そのあと宿泊地の関係もあって沿岸をまわるのはあきらめ、
いったん仙台へ出ることにしました。いままで行った中で
一番多い人出でした、さすが七夕祭りだけのことはあります。

IMG_1297

そして北上に宿を取っていたので移動し、なんとなく音楽が
聴きたい気分だったので「そんな感じのバーとかないかな」
って考えながら歩いていたものの、そんな店が全然なかったのは
また別の話ですね。でも、そんななかで見つけたところは
マスターがかなりおもしろかったです。

(8/11追記:そうそう、あの話だけは書いとかなきゃ。「沿岸部を
まわってます」なんてはなしをしたときに、「震災前はよく
行ってたけどあれ以降行かなくなった。大好きな場所がどう
変わってしまったか見るのが怖くて」ということばが返って
きたんですよね。そういう考え方もあるのか、と思ったし、
そうなると沿岸の海水浴場が流行らないのも仕方ないのかもな。)

IMG_1300

そして今日8日はふたたび沿岸部に繰り出しました。
これは沿岸へ出る前に花巻で撮ったのかな、まだこういう
爪痕はところどころ残っています。

IMG_1314

まずは釜石へ。駅前は高台なのでほとんど被害はなかった
ようです。ここから山田線の代行バスに乗って宮古を
目指しました。

IMG_1318

大槌町の中心部です。こういう「原っぱしかない」
光景が続きます。まだ知らないからいいけど、もとのまちを
知っているひとは耐えられないだろうね、やっぱ。

IMG_1327

大槌町はかなり被害が大きかったので、いろんなボランティア団体が
入っています。これどこの団体だったっけ、その隣には
関大の拠点もありました。

IMG_1334

岩手船越駅。山田線が運転を見合わせているため、
ここに汽車が来ることはありません。代行バスはここか
隣の道の駅やまだで岩手県交通(釜石から650円)から
岩手県北バス(宮古まで810円)に乗り換えです。

IMG_1340

この近くには鯨と海の科学館というところがあった
ようですが、震災の影響で休館中です。もう入れなく
なっているので、壊滅的な被害を受けたと思われます。

IMG_1333

これは5日に入ってからそうだったのですが、東北は
まだあじさいの季節みたいです。梅雨時のイメージしか
ないのでかなり新鮮、とはいえ東北は梅雨明けたの先週
でしたっけ。

IMG_1348

国道45号だけなのかな、「過去の津波浸水区間」「津波
浸水想定区間」という看板があちこちで見られました。
何回も見られるということは、それだけ広範囲で起きた
ことなんですよね。

IMG_1353

山田町の中心部です。海側に座っていたのですが、
そこから山側の車窓を撮っています。津波の被害を受けた
ところは原っぱになっていますが、その先はしっかり家が
立っています。ある意味、残酷な光景です。

IMG_1369

沿岸を走っていると,時折こういう「堤防が切れている」場面を
見ることができます。これも、津波のすごさを物語って
います。

IMG_1386

そしてバスは宮古へ到着しました。意外と大きなまちで、
ホテルもけっこうあるんですね。こんど東北に来るときは
ここを拠点にしようかな。今回は時間の関係で三陸鉄道に
乗ることができなかったし。

IMG_1382

宮古も津波の被害に遭っているようですが、そこまで大きくは
なかったのか「空き地が目立つ」程度のようです。駅が少し
高台にあるのかな、それだけで全然違うみたいですから。

そして宮古から盛岡経由で大阪に戻っております。また絶対
東北には行きたいし、そのときは今日見た光景から少しでも
復興した姿が見られるといいな。