今日のサンガさんは、ギラヴァンツとの対戦でした。
あんまりしっかり見てないのですが、完全に負けペースの
試合を引き分けにできたのは大きいんだ、と自分に
言い聞かせています。

前半はサンガさんのペースに見えたものの、最後の
ところでしっかり守られていたのでチャンスはそんなに
多くなかったように思います。そのうちギラヴァンツが
ペースをつかみはじめ、ついに後半開始直後に失点を
してしまいます。もうさあ、またふんわり入って誰も
守備をしてないとか勘弁してほしいよ。

そのあと少し攻撃になりチャンスは増えるものの、どうも
ゴールまでが遠い時間が続きました。それでも89分くらいに
山瀬がなんとか決めて、ホント「ホットした」という言葉が
ぴったりだったんだ。でも、今回引き分けたのは最後の
FKが決まらなかったことが大きいと思うんだ、ギラとの
試合はたいていあれが決まって終わってた訳だし。

そんなわけで苦手の松本山雅と北九州で勝ち点2を
積み上げることができました。正直2敗してもおかしく
なかったので、なんとか「最低限の結果」なのかな、と
思っています。まだ2敗を喫したチームはおらず、その
意味でまだいけるのかも。とはいえ、これを生かすも
殺すもこれから次第。次負けたら、全く意味が
なくなってしまうんだ。