今日は個人別レポだけどうぞ。

松本将司
ギター弾き語り。そだな、ざっくり「大江千里みたい」
と思ったっけ。まあ悪くはなかったものの、この
レベルの人っていっぱいいるからねえ。そだな、
いちどオオツエあたりと対バンしてみたら
おもしろそうかもな。

池田たかゆき
ギター&電子ピアノ弾き語り、2曲サポートにEgt
(柴犬)。ざっくりと「渋谷系」のにおいがしたかな、
そう考えてるとカジヒデキっぽかったかも。

齋藤俊一
ギター弾き語り。うーん、この「全然勢いの
ない声」ってなんだろう。うまいとは思ったけど、
ギターの勢いを声ですべて削いでいるのがとっても
気になりました。でもそっか、畑歩から見れば
「自分が持ってないものを全部持ってる」ふうに
見えるかもな、逆もまた然りだけど。

M0C0分家 教祖☆Fancyクラブ
Vo,Epfの女性2人組。いやあ、やりきったねえ。
普段の音楽劇のようなスタイルが、今日の雰囲気に
合わないったら。しかもなんかクリスマスの曲を
リクエストしたとかで、それを入れ込むのも苦労して
そうだったし。でも、そんなことを全部含めて
「やりきった」彼らはやっぱりすごかったなあ。

マツシマヨウヘイ
ギター弾き語り。なんだろな、なんか合わなかったん
だよなあ。
おそらく、彼の音楽は洋楽が下敷きになっていて、
それがほぼ邦楽しか聴いてない私の感覚と違うのが
大きいんだと思うけど。松本誉臣あたりと一緒に
やってみるとおもしろそうだな、かなり世界が
似てるような気がしたし。

畑歩
Vo&Gtで、サポートにEgt,Ba,Dr,Epf。そだな、
いつも通りのところもありつつ、というとこか。
低音域がやっぱり音が取れてない気がしてて、
でもそれ以外のところはある程度しっかり
できてたかな。その関係か、本編ラストの曲は
きちんと「曲がわかった」ように感じたっけ。
ひとつはそんな曲をもっと増やしていくことで、
だからといって今の雰囲気を壊してしまえば
本末転倒だし。難しいけど、そこを乗り越えれば
またおもしろくなっていきそうな予感がしたな。