まずはこんな感じです。

みのようへい
エレキギター弾き語り。なんか、全体的に
かなり平板なかんじゅがしたかなあ。抑揚が
全然なかったから、まったく盛り上がらずに
終わってしまった感じだったもんなあ。

スダユウコ(JACKSTRAW)
エレキギター弾き語り。なんか、完全に
自分の世界へ持ってってたなあ。
そだな、Be-Bとかに近い「J-ROCK」な
イメージがあったっけ。普段はバンドで
ベースを弾いてるそうで、こういう
世界ってバンドでもみられるんだろうか。

植田直柔
うえだなおなり、ですね。エレキギター弾き語り。
いやあ、とにかく最低のMCしか残ってません。
曲としてはブランキーっぽいのかな、ファンには
かなり怒られそうだけど。にしても、完全に
空気を壊したなあ。

黒木サトシ
ギター弾き語り。そんな空気を、MCをせず
ぶっ続けの3曲でまた変えていきました。
それができることが彼の実力だと思うし、
それでも後半は崩して自分の世界に持って
いこうとしたところもやっぱりすごかったなあ。