「見ておきたいけど、前に見たの1カ月前かあ」
とか考えつつ、やっぱり見たいので後藤雪絵を
見に行くことにしました。

到着したのはすでに19時55分、19時半スタートにも
かかわらず大遅刻でした。ということで1番手の
松下洋士(moopy)は2曲ちょっと、なんか体制が
整わないままに終わってしまった感じだ。では、
残りはすでに2組です。

後藤雪絵
電子ピアノ弾き語り。なかなかゆったりとした
感じで、時間があっという間に過ぎていきました。
ロボットのうたのとき「声が迫ってくる」感覚が
あって、それがものすごくよかったなあ。いろんな
世界があるにせよ、ああいう感覚になったのが
ひさしぶりだったのでなおさら。

竹上久美子
Vo&Epfで、サポートにBa,カホン。まあ、
やっぱり考えることは一緒かなあ。
1曲目が即興の曲で、それのメロディが
ちょっとなあ、とまず思って。そのうえで
ほかの曲を聴いていくと、声も曲もあんまり
変わらないのかなあ。その意味で、もっと
いろんな幅を持たせることができればもっと
よくなるんだろうけど。