前回はライブの回数を書きました。今回はその数字だけでは
見えない話を書いていきましょうか。

 昨年も「何かが変わった」と書いていて、今年の目標としても
「それをさらに固めていく」ということを主眼に置いていました。
それをふまえた上で振り返ってみると、「その変化がもっと大きく
なった」と感じています。

 いちばん大きかったのは「谷町カルチュラルストリート」に
スタッフとして参加したことですかね。その主催者である
Buena Vistaの植野さんとは、今では彼らの音楽について
いろんな意見を戦わせる関係になっています。その関係は、
やっぱりお互いが信頼していなければ無理だと思うん
ですよね。私自身もかなり辛辣なことも言ってますし、
それをきちんと受け止めてくれてますし。

 そして「題名のない文化祭」でもそうだったように、
このイベントでもたくさんのアーティストと知り合うことが
できました。それが後半いままで以上にライブへ行くことに
なったきっかけでもありますし、でもそれは「ライブに
行けば誰かがいる」ことでもあります。

 それ以外にも、文化祭で知り合った方の紹介で知り合った
まつしまようこや、まつしまと対バンしたことで話を
するようになった藤原弘尭にはBuena Vistaと同じく
音楽の話をいろいろとしています。そんな彼らと一緒に
成長をしていく楽しみは、この1年でずいぶんと大きく
なっていきました。

 実は唯一、ソウルストーン&Co.とは3年くらい前から
音楽の話をずっとしてまして。そんな彼らは今年に入って
お世辞抜きに「かなり良くなってきたな」と思うように
なり、そこからもどんどん成長して11月にはclub jungleでの
ワンマンをソールドアウトさせてしまいます。彼らもまた、
これからが楽しみなアーティストです。

 2011年末の時点で、おそらく挨拶をするアーティストって
「片手で足りないくらい」だったんですね。それがこんな
出会いを重ね、今では「きちんと話ができる」アーティストが
かなり増えました。それは、私自身が「音楽に関わる」機会が
増えていることも意味するわけで、その意味で「どこかで
きちんと還元する機会を作らなければいけない」とも思って
います。それは、また「来年に向けて」で。

 それでは。次回はサンガさんの話を書きましょうか。