knave堤野さんが今年いっぱいで卒業されると
いうことで、今日から10日間は堤野さんを
送り出すイベントになっております。個人的にも
「題名のない文化祭」とかでお世話になったし、
何日かは行くつもりをしていました。
今日は女性ボーカルばかりの日、しかも
かなり個性的なシンガーが揃っているので
「こりゃ行かなきゃ」となっています。
たぶんこのラインナップなら、堤野さん
関係なく行ってたんじゃないかな。

個人的にはknaveまでの道のりをちょっと整理して
おきたくて...なるほど、それで大丈夫みたい。
そんなことを考えつつ、ひさしぶりにちゃんと
書く気がする個人別レポいきます。

アラカキヒロコ
電子ピアノ弾き語り。後ろの3曲ちょっとでした。
そうだな、平原綾香みたいな感じで、低音域が
かなりしっかりしているように思いました。
ただ、そこまで特徴があるように見えなくて、
その意味で「また見たい」とまでは思わなかったん
だよな。ほんの少しのことで変わりそうな気も
するし、それがいちばん難しい気もするし。

メロディーキッチン
Vo,EPfの女性2人組。音楽雑誌だと「ストレートな
女の子の気持ちを爽やかな歌声に乗せて歌う」とか
書かれるんだろうな、その意味で「うまい」とは
思うんだけど。
でもなあ、もう少し声に抑揚がほしいところ。
「ストレートな歌声」とも言えなくはないんだ
けども、それだと「歌詞を聞かなきゃうたが
伝わらない」と思っちゃうんだ。そこは好みの
問題もありそうで、難しいんだけどさ。

chocolatre
ショコラトル、と読みます。女性Vo&Key,男性Ba,
男性Dsの3人組。あれ、実はいままで見たことが
なかったかも。名前は聞いてるのに。
tricoloreあたりを連想したので、ちょっと誰に
似てるかと言われると伝わりにくいか。ただ、
演奏の「重い」感じに比べると声が「軽い」印象を
持ってたな。この編成だとそうなっちゃうのかなあ、
トイパレとかも演奏と声を合わせるのにはかなり
苦労してるみたいだし。

里帰り
女性Vo&Epf,男性Vo&Gt,男性Baの3人組。特に
女性Voはflex lifeを高くした感じかな。
雰囲気としてもかなりふわりとした感じで、その
浮遊感がかなり心地よかったです。今日はかなり
人が多かったので立見だけど、もっとゆったり
見たいよね。

KAMAMOTOMIKA
Vo&Epfで、サポートにEWBa,Ds。この編成
だからかな、いつもの曲もかなりテンポが速く
なっていたように思います。それでもきちんと
歌えていたのは、それだけ彼女が成長した証、
なんじゃないかな。

pechica
Vo&EPf,Gt,Ba,Dsの4人組で、Vo&EPfは
女性でした。最近彼らはけっこう見ていて、
ずっとおんなじ流れになってるような。
ただ、今日のライブをもってGtが脱退し、
これからは3人編成になるとか。それは
確実に彼らの色を変えるだろうから、
これからのpechicaがどうなるのかはきちんと
見ていきたいと思ってます。彼らなら、きっと
大丈夫だと思うんだ。