だいぶ直前まで迷っていたものの、
最終的に「昨日の時点でチケットが
残っていた」ためSOLE CAFEでの
花*花ライブへ行くことにしました。
だいぶ直前に予約したし、と思いつつ
開演ギリギリに到着すると、すでに
アミイゴさんによる「前説」が。うーん、
ちょっと乗り遅れたか。

 いづみさんは最初から「いつもと違う
ライブになる」という話をしていたものの、
はじめのほうはそこまで実感がわきません
でした。雰囲気としては会場の規模が同じ
くらいのBLANTONに似た感じだったかな。
ただ、すっごく久しぶりに「恋する
トマトソース〜カプチーノ」を聴いた気が
します。下手するとメジャー時代以来かも。

そんな中であっという間に前半が終わり、
後半も淡々と進んでいきます。そしてその
流れが変わったのは、昨年末に出した
アルバム「ハライソ」のジャケットを
担当した小池アミイゴさんが登場したとき
だったように思います。まずは
アミイゴさんのオリジナル曲「顔」を
披露したあと、カホンも登場して
沖縄民謡なのかな、の「てーげー」を
みんなで演奏しました。そのときの
アミイゴさんのあおり方がかなり素敵で、
それがいつもと違う雰囲気を作り出したの
かな。
 そしてそこからは勢いが止まらず、「あー
よかった」ではなぜかFANDANGOのような
雰囲気になっていたような。花*花のライブで
あの雰囲気になったのはかなり貴重な体験だと
思いますし、そうさせたのはやっぱり
アミイゴさんの力が大きかったんだと思って
います。その意味でも、アミイゴさんと
いづみさんはいいコンビになってましたね。

 それでも最後はしっとりと「今日はありがとう」
で締め、「いつもと違う」ライブが終わりを
告げました。にしても、いいライブだったな。