9f73c39d.jpg 今日のサンガさんは、アルビとの
対戦でした。前節から登場した
GKジャンボ(守田)がスーパー
セーブを連発しましたが、それでも
失点してしまうのがサンガさんの
らしいところですな。

 今日はちょっと時間もあったので、久しぶりにHUBへ
行っての観戦でした。なんだかんだで昨シーズンも
行かなかったと思うので、2年ぶりくらいになるの
かな。やっぱり調子が悪いからか、思ったより
お客さんは少なかったような。

 試合は、今回もGKジャンボが大活躍でした。正直、
前節はGKにとって危ないシーンはそこまで多く
なかったと思うのですが、今日はあわや失点という
シーンを3度は止めていたように思います。しかも
パンチングではなくキャッチする場面が多く、
それだけでかなりしびれました。おそらく、彼が
いなければ今日は「普通に」負けていただろうと
思います。

 ただ、それでも無失点に抑えることができないのが
今のサンガさん。後半20分、郭泰輝がPKを与えて
しまい一発退場になってしまいます。あの場面、
CKになるかと思ったところで副審が旗を上げて
いるのがテレビに映っており、その角度からだと
ばっちり見えていた、ということなんでしょう。
さすがのジャンボもPKを止めることはできず、
最終的には1-1で終了しました。

 この1試合だけを見ると、10人になってからも
かなり攻撃的になっていましたし、ある程度評価を
してもいいのかな、と思います。ただ、問題は
残留できる勝ち点に到達するまでには「勝つことしか
許されない」状況になっている、という現実で、
その意味では「また残留まで1つ遠くなった」とも
言うことができます。

 そんな厳しい状況が続く中、次の磐田戦は
森下と郭泰輝が出場停止となります。すでに
勝つことしか許されていないサンガさん、次は
どのような戦いをしてくれるのでしょうか。もはや、
余裕なんて全く残っていないんだ。

J1リーグ 第23節 at:東北電力ビッグスワンスタジアム
アルビレックス新潟 1 - 1 京都サンガF.C.
得点 37分 郭泰輝(京)、68分 ミシェウ(新/PK)