7月に入って若干ライブに行くペースが落ちておりましたが、
そろそろ予定も入ってきつつあります。今日は前回のエニクス
パルプンテで大暴れしてた松岡恭子さんがソロで出るらしい、
ということで「行ってみようか」となりました。

松岡恭子
 ギター弾き語り。いい声を持ってるとは思うんだけど、
それを生かしきれていないような。たぶんほんのちょっと
したことで、たとえばもっと感情にまかせてみるとか、
逆にもっときっちりうたってみるとかができれば、もっと
客席まで伝わってくるのかなあ。

おおたえみり
 電子ピアノ弾き語り。ひとことでいえば、「ディズニー
アニメの挿入歌みたい」な印象だったかな。
 その声楽系な声が合うかどうかは別にして、全体的に
声が「細い」ように感じたんだよねえ。もっと声が安定して
くれば、またおもしろくなっていくだろうな、と思いながら
見ていました。

Lenny Finger
 女性Voと男性Gtの2人組。そういえば、自己紹介を
しなかったような。
 そうだなあ、ひとことでいえば「birdみたい」かな。
声質は後藤雪絵にも似てて、「その割には全く違う
印象を受けるなあ」と思っていたりもしましたっけ。
こういう系統のアーティストはそれなりに見てるから
かな、そんなに「いいうただ」とは思わなかったなあ。

猫音〜neon〜
 女性Voで、サポートにGt,カホン。もろもろの事情に
より3曲で抜けてきました。
 うん、まあ全体的に「普通」以上のイメージは
沸かなかったかなあ。もちろん悪くはないので、
ここからどうやって個性を出すことができるか、
なんだろな。

#そういえばこのライブタイトル通り、今日はかなり
「個性的な」アーティストが多かったです。特に
MCがみんなとんでもないことになってたような、
そうでもないような。