いや、「間違いない」と言われれば、行かない
わけにはいかないでしょう。実はこのライブ、
「題名のない文化祭」で一緒にスタッフをして
いた方の企画でして、それは行っておかなきゃ
いけないよね、というわけです。ただ、それを
知らなくても、モールスシンゴーズとかpechicaが
出るイベント、ということで普通に行ってたような。

 ちょっと前置きが長くなりましたが、いつもの
いっときます。

ナリモノ
 Vo&Gt,Gt,Ba,Drの男性フォーピース。時間の関係で
最後の3曲だけ。
 良くも悪くも「普通のロックバンド」で、声がちょっと
流れてしまう印象があったかな。これから、どれだけ
個性をつけられるか、だろうね。

Sentimental Toy Pallete
 Vo,Ba,Dr,EPfの4人組で、Voは女性でした。うーん、
前見たときよりちょっとよくなってるかな、程度だね。
 ヴォーカルさん、低音はある程度出ていたものの
あとはかなり不安定に感じました。それに「完璧な」
バックが加わっているので、ちょっとその2つの
方向性が合わないように感じたんですよね。
たとえていえばアカシアオルケスタのバックに
ウニさん(ex.)の声が乗っているような。どうだろ、
これを完璧に融合させる秘策はあるんだろうか。
 そういえば、自己紹介がなかったよね。

#そう、ここで、BGM代わりの1曲がステージ隅で
ありました。すみません、詳細をあんまりおぼえて
おりませぬ。

THE モールスシンゴーズ
 Vo&Ba,Gt,Gt,Drの男性フォーピース。そうか、
彼らの魅力はその世界観なんだよな。「地に
足のついた浮遊感」なんて、絶対にあり得ない
言葉が浮かんでくる彼らの世界観、ぜひ一度
味わってみてください。

pechica
 Vo&EPf,Gt,Ba,Drのフォーピースで、Vo&EPfは
女性です。うん、以前にくらべてだいぶん
「完成された」印象を持ちました。ちょっと
Voの表情が硬かったので、きちんと表情が
出るようになれば声にも表情が乗ってくる
ように思いました。そうすれば、彼らはもっと
よくなっていくはず。

Rojika
 Vo&AGt,EGt,Ba,Drの男性フォーピース。かと
思えば、Drはサポートでした。
 曲の雰囲気はGRAPEVINEあたりに近かった
ように思います。ただ、声なのかメロディーなのか、
ちょっと音程が不安定に聴こえる部分がかなり
あったのが気になりました。まずは、きちんと
した声を出すことから、かな。

#それにしても、これだけの人を呼べたのは
やっぱりすごいイベントだったなあ、と思って
いたり。