いろんな意味でknaveらしいな、と思ったこの
ラインナップは、「これは行かなきゃ」と感じるには
十分なものでした。さらにmoopyの女性陣がこの
ライブをもって脱退するとのことで、そんな「最後」を
見ておきたい、とも思ったんですよね。

 ということで、いつものいっときます。

ミナワ
 Vo&Key,Gt,Ba,Drのフォーピースで、Vo&Keyは女性でした。
そうだなあ、声の感じとしては山口由子あたりが近いの
かな。「どういう世界観を持ちたいのか」が少し見え
にくかった気がするので、それをだせればもっと
おもしろくなっていくように感じました。

竹上久美子
 ピアノ弾き語り。1曲目とか、「うたに感情が入って
きたかな」と思いながら聴いていました。今日は
比較的しっとりめのセットリスト&アレンジで、
それがいい具合にはまっていたように思います。

村田知哉
 ギター弾き語り。「弾き語りに合う曲を選んだら」
6曲中5曲が三拍子でした。
 声は「スガシカオを高くした感じ」かなあ。
別に何が悪いわけでもないんですが、「気持ち」が
見えなかったこともあってか、ちょっと私には
合わなかったかな。

カルマセーキ
 Vo&AGt,EGt,Ba,Drのフォーピースで、Drは
女性です。実は「題名のない文化祭」とかで
見てはいるものの、ライブレポははじめてですね。
 eo Music Tryでグランプリを取っているように、
実力はかなりあると思います。ただ、この
アーティストは「レミオロメンみたい」という
ひとことで表されてしまうんですよね。それを
打破するには、彼らと異なる音楽性を出して
いくのか、もしくは彼らを越えていくことが
必要になってくるでしょうね。それは、いまの
実力からすれば決して難しいことではないはず。

moopy
 男性Vo&Gt,男性Ba,女性Dr,女性Keyの4人組。
なんとなく、伝えたいことに声がうまく乗って
いないように思えたかな。なんらかの形で
moopyというバンドは続けていくそうで、これから
どんなバンドになっていくのかも楽しみに
しています。

#いやー、しっかし寒くなったなー。外に出たら、
心斎橋まで歩く気は完全になくなりました。