1ヶ月ほど前だったかな、オクイシュージさんが「一度
pillowsを見ておけ」とBlogに書いていて、「どこかで見る
ことができないかな」とは考えていました。すると今日、
pillowsが大阪でライブをすることを知り、「これも何かの
縁だし、見に行くか」ということになりました。

(22:45追記:記事はこれだったわ。もう半年前の記事とは
思わなかった。)


 彼らは今年20周年になるそうで、やはりそれだけの
力を持ったアーティストであることを存分に見せて
くれたと思います。ロックな曲あり、ミディアムテンポな
曲があり、とにかくいろんな曲を聴かせてくれた中で
どれもが「pillowsらしさ」を持った曲だったと思います。
ここまで続けてこられるアーティストだもん、当然
それだけの世界を作ることはできないとね。

 それ以上に興味深かったのは、さわおさんのMCでした。
「ひさしぶり」という言葉からはじまり、なんとなく不器用な
雰囲気のMCは、さわおさんの性格をよく表していたと
思います。なるほど、この空気感こそオクイさんが
「一度見ておけ」と言ってたものなのかも。

 全部で20曲くらいを2時間弱で「駆け抜けた」ライブ
でしたが、その中でかなり密度の濃いものを見せて
くれたと思います。うん、こういうライブを見ると、
「明日もがんばろう」って思えるんだ。