ムジカジャポニカというライブハウスは以前から気に
なっており、「機会があれば行きたいな」と思っていました。
そんなときにはせがわかおりがここでライブをすると知り、
「ならこのタイミングで行ってみるか」となったわけです。

 いざ行ってみると、ムジカジャポニカは外から
見ているよりもずっとこぢんまりとした場所でした。
ステージ部分だけを見ればpara-diceと同じくらいかも
しれませんね。そこでカレーも食べて、準備は万端、と。

*おかべっく(イヌガヨ)
 ギター弾き語りの男性。MCの中で「空回り」という
ことばが出てきて、なんとなく「あー、そういうこと
なのかなー」と思ってしまいました。あまりにも勢いに
まかせ過ぎな感じがしたので、もう少しギターとか、
リズムとかにも気を配ってみたほうがかなりよくなる
ような気がしました。

アンコールアワーズ
 Vo&Gt,Gt&Choの男性2人組。やっぱり、彼らの
ギターテクには聴きほれてしまいました。ギターも
きちんと「歌える」んだ、ということが彼らのステージを
見るとよくわかります。とはいえ、歌がギターの
レベルまで到達していないのは残念なところ。
最後の曲は歌のイメージとぴったり合っていたので、
まだまだこれからかな。

松崎ナオ
 はじめ2曲Vo&P,真ん中2曲Vo&Gt,最後の2曲はVo。
サポートは前4曲Ba,Drで、最後はGtにbloom fieldから
入っていました。
 彼女は「誰に似ているか」少し考えていても、あまり
いい答えが浮かばないんですよね。それだけ、「松崎
ナオの世界」がきちんとできているんだと思います。
逆に、「松崎ナオに似ている」アーティストを、かなり
気づかなかったことがあるかもしれない、くらいに。
 …いや、そうだ、安藤裕子とかに似てるのか。ただ、
安藤裕子って意外とうたに力がないので、それを
差し引いて考えなきゃいけないな。

はせがわかおり
 ギター弾き語り。ある程度歌っている曲に関しては
だいぶんイメージができてきたな、と感じました。
歌についてはかなり高いレベルにきたと思うので、
あとはMCとか、ステージの上でどう振る舞うか、
だね。

 そしてアンコールは、まず松崎ナオの曲を。
松崎ナオがVo&P,はせがわかおりがVo&Gtという
かたちでした。先にも書いたように松崎ナオの
曲にはかなりくせがあるのでそれをどう料理する
のかと期待していると、ちょうど「松崎ナオのトゲが
抜けたような」感じでした。なるほど、そうなるのか。

 最後の曲はステージに全員が上がり、松崎ナオが
ドラムをたたいての「ふわふわひらり」。かなりの
盛り上がりを見せ、大満足のライブでしたね。