最近VB2008を使って開発をしていまして、VB6では簡単に
できたことができなくなって戸惑っていたりもしています。
今回のはそんな1例で、調べるのに結構時間がかかったので
メモがてら置いておきます。

 VBを昔から使っていた方は、1つのファイルを複数の
プロジェクトで共有する「共通モジュール」を使用することが
あったと思います。ところが、VB2008(というかVB.NET以降)は
VB6と同様の手順でプロジェクト内にファイルを持っていくと
該当フォルダ内にファイルの「コピーが作成される」仕様に
なっていました。

 なにかできる方法はないのかなあ、と調べてみると、
ファイルをプロジェクトへ追加する際、「追加」を
選択するのではなく、横にある「▼」印で「リンクとして
追加」を選択するようです。すると、そのプロジェクトでは
コピーが作成させず、共通モジュールと同じ扱いに
なりました。

 ただし、おそらくこれはVB6との互換性をとるため
「だけ」に残されており、オブジェクト指向などには
全く対応していません。そのため、過去の資産を
使用する場合など、必要な場合のみに使用することを
おすすめします。

 ちなみに、オブジェクト指向的な考え方だと、「共通の
処理をするクラスライブラリ(DLL)を作成し、それを
それぞれのプログラムから呼び出す」ことになります。
ご参考までに。