6df410fd.jpg さあ、J1が再開します。
まずはGWの延期分2試合、
ということでサンガさんは
ガンバとの対戦です。

 会場はガンバホーム、万博競技場でした。ここは
一昨年も、その前も降格が決まった場所で、とにかく
サンガサポ的にはいい思い出のない場所です。
それでも今日はたくさんのサンガサポが詰めかけ、
万博での勝利を願っていました。

 しかしそこはサンガさん、ガンバとの差は歴然でした。
ガンバはとにかく前からプレスをかけてしっかり奪い、
そこからサイドに流してクロスをあげる、という
戦術が徹底していたように思います(特に前半)。
それをなんとかしのぎ、かろうじて前半は0-0で
折り返すことができましたが、「これは1点取られたら
サンガさんの守備は崩壊する」と思いながら
見ていました。

 そんなこんなで後半開始8分、カウンターから
なぜかフリーになった遠藤がきれいなシュートを
決めます。で、やはりそこから怒濤の攻撃が
はじまるわけですが、今日のガンバはとにかく
ゴールが決まりませんでした。あれ、決定力があれば
2003年「雨の万博」の再来もあったでしょう。
そういう意味では、今日は「助かった」試合だったと
思います。

 さて、中断期間を経て、相変わらずの決定力
不足と守備の不安定さを露呈したサンガさん。
特に今日の守備は、ボールにいきすぎてフリーな
人を作るわ、審判がほとんどファールを
取らないのにボールに厳しく行かないわ、あげく
ファールをもらおうとして倒れるわ、まだまだ
未熟なところがたくさんありました。その辺を
修正して、次はもっといい試合が見たいです。
 それを積み重ねれば、きっと残留できるはず。