さきほどのHD60GD9に続き、私が愛用しているものの新製品を。
こんどは、VJ-10-JBです。

プレスリリース
「聞く教科書シリーズ」日本史・世界史 収録モデル VJ-10-JB
(いづれもオリンパス公式)

 VJ-10、登場から半年にしてすでに私には欠かせない製品に
なっています(半月後に書いたレビューはこちら)。1度
ファームアップをして「最近録音したファイル」から数日前に
録音したものが落ちていることもなくなり、堂々と「毎週
欠かさず聴いてます」と言うことができるようになりました。

 最近はセットで買ったG-10ではなく、512MBのメモリ
プレーヤーに1週間分を転送して使っています。ただ、
128kbpsだとほぼ1分=1MBになるので、9時間録ると
微妙に全部入らないのが悩みの種。そんなわけで、
USBに直刺しできる1Gのメモリを探しています。

 ま、いろいろ細かい点はあるにせよ、「今までずっと
ほしかった製品」だったことは間違いないですし、
だからこそ「絶対に欠かせない」ものになっているん
ですね。ある意味、「ラジオ好きなら持ってて当然」
と言い切れる製品だと思っています。

 さて、VJ-10にはスタンダードモデルの「VJ-10-J1」
と、英会話教材が収録された「VJ-10-JA」がありました。
そして今日発表された「VJ-10-JB」は、日本史・世界史の
教科書が音声で収録されたモデルとのことです。

 …うーむ、歴史に興味がない私にはわからない世界だ。
ただ、そんなモデルが販売から半年経ったこの時期に
リリースされること自体、ある程度好評である証だと
考えれば非常にうれしいことです。まだまだ、ラジオの
灯は消せない。