そろそろ修論の季節、ということで授業のあとは書き物の
時間でした。というか、今も書いてるけど。
 修論はねえ、学校にとってどれだけのものになるかは
わからないけど、インタビューを受けていただいた方には
ある程度納得をいただけるものになるように鋭意作成中。
さすがに、「この程度のためにあれだけの話をさせたのか」
とは思われたくないから。