ここまで今年起こったことをかなりおおざっぱながら
見てきましたが、最後に来年の展望を書いておこうと
思います。おそらく、来年の今頃に見たら「そういえば
そんなことも書いたっけ」程度で、全く違ったことを
してそうですが。

 …とはいえ、今年があまりいい年ではなかったので、
「来年はもっといい年でありますように」という
願いがいちばん大きいですね。本当にお別れを
しなければならない人が多かったので、来年は悲しい
お別れが少しでも減ればそれで十分かな、と。

 ただ、再来年の4月には大学院を卒業する予定なので、
それまでに今後の動きはある程度決めなければ
いけないとは思っています。最悪の場合、なぜ大学院に
行ったのかわからなくなりそうなのですが、それに
ついては今の「動けてなさ」を解消すればなんとか
なるかな、と若干楽観的にとらえてます。学生の間で
NPOを作るという話もあるくらいだし、いろいろと話は
転がってそうだから。

 私の2004年を4回にわたって書いてきましたが、
いかがでしたでしょうか。皆さんもいろんなことが
あったでしょうけど、どうかよいお年をお迎え
いただければと思います。