この時期になると「今年の5大ニュース」なるものが
出てきますが、私にとって今年の5大ニュースは
ほとんど暗い話だったよなあ。

*Blog初出の話があります。もしかするとネットでも
初出なのかも。まだ、書いていいのか迷ってるところでは
ありますが。

 まず、今年の5大ニュースを箇条書き。

1位 岡崎律子さん逝去
2位 さるっちさん逝去
3位 大学院合格、院生へ
4位 夏の食中毒、以降の体調不良
5位 高森一徳さん逝去

 …と、今年は本当に訃報の多い1年でした。
次点も「秋吉契里さん逝去」なので、いったい
神様はどれだけの有能な人がほしかったんだろう、
と思わずにはいられません。明るい話題といっても
大学院に入学したことくらいだし、しかもそれが
「明るい」話題かと聞かれると微妙だからなあ。

 岡崎さんの話は何回も書いてるように、私の中では
「今まで亡くなった方の中で誰よりも」ショックでした。
実際、完全に調子が戻るまでに約1ヶ月かかりましたし。

 その話から半年が過ぎ、岡崎さん「最後の」アルバム
「For RITZ」がいよいよ販売されようとしていた矢先に
飛び込んできたのが「さるっちさんが亡くなった」という
ニュースでした。ご存じの方はご存じだと思いますが、
さるっちさんは「みずなすもみじ」の管理人で、
最近は会っていなかったもののプライベートでは
高校時代からよく遊んでいました。もう3年前の話に
なるんだけど2人で食事に行ったことがあって
(詳細はここの1/18。実は1/25も私のこと)、そのときの
光景をずっと思い出してました。

お別れにも行ってきて、そこでいろいろ考えたりも
したんですが、それはまた後日に。もちろん岡崎さんよりも
「近い人」だったし、その分どちらを1位にしようか
かなり迷ったんですが、やっぱり岡崎さんのほうが
インパクトが強かったんですよね。

 大学関係の話は明日に回すとして、この夏からずっと
微妙に体調がすぐれないんですよね。ほとんどの原因が
ハードスケジュールだと思うんだけど、やっぱり無理が
効かなくなった、ってことなんでしょうか。

 では、また明日。