ついに、GO!GO!7188が日本武道館のステージに立ちます。
これだけライブに行ってる私ですが、さすがに武道館は
はじめての経験です。そのため、「聖地」で彼らが
どんなステージを見せてくれるのかとっても楽しみに
してました。

そんな期待を裏切るかのように、彼らは「いつもの
ステージ」を見せてくれました。実は先日行った
大阪一日目とそんなに変わることのないセットリスト
だったんですが、彼らは武道館という大舞台をものとも
せず、普段と変わらないように演奏してましたから。

ただ、そこは日本武道館。普段はライブハウスでの
ステージが多い彼らですから、私たち観客側からすると
「いつものように騒げない」という大問題が生まれます。
これがどうなるかもちょっと楽しみではあったのですが、
やはり総立ちにはなったものの大阪のときの状況とは
全く違いました。彼らがビッグになった証だとはいえ、
うれしいような悲しいような。特に、最後までアンコールの
声が揃わなかったのはとっても残念。

さっきも少し書きましたが、セットリスト的には大阪と
あまり変わらなかったように思います。ただそれは、
前回の感動がもう一度味わえた、とも言えるわけで、
やっぱりあのバラードパートは泣けてきましたね。
そのあとの最終パートでは武道館が一体になったと
思うし、なんだかんだ言っても「行ってよかった」と
思えるライブでした。やっぱり、前を向いて歩くしか
ないんだから。