なんだかいっぱいありすぎて、どこから書けば
よいのやら(苦笑)。

まず、会場は京都の「陰陽(ネガポジ)」という
ところでした。はじめて行ったんですが、なぜか
座敷があったり、「隣の公園にあるトイレも使って
ください」という貼紙があったり、とにかく
京都らしい「ユルさ」が詰まっていました。なんか、
ちょっとくらいならどーでもいーや、って思わせる
力があるんですよね。

その流れを受けてかどうか、ライブ自体もなかなか
ユルい雰囲気で進みます。ライブ時間が二時間
四十五分くらいで、演奏した曲数が十九曲しか
なかった気がするんですが(汗)。

吉祥寺で突然出会い、突然に結成された「吉祥寺
三姉妹
」というユニットは、長女・原みどり、
次女・笹野みちる、三女・篠原りかというひょっと
すればどこかで耳にしたことのあるひとたちで
構成されています。私自身は三人ともなんとなく
知っていて、ライブを見たことがあるのは篠原さんだけ、
という感じだったのですが、今日はその篠原さんが
とってもよくしゃべってました。いや、今まででは
考えられないくらい。最後に笹野さんは「今日は
篠原りかのトークショーでしたが」みたいなことを
言ってましたし。

 原さん・笹野さんもさすが実力派で、MCがどれだけ
おもしろくても(笑)しっかりといい曲を届けて
くれたと思います。いやあ、昨日のGO!GO!みたいな
ライブもいいけど、こういうライブもいいなあ、と
実感し、なんだかシアワセな気分になりながら家路に
ついたのでした。